2021年6月17日木曜日

使徒パウロ

「使徒」というと12使徒が有名ですが、続いて有名なのがパウロです。新約聖書には「~への手紙」と題がつけられた書簡文書があります。27巻ある新約聖書の中で書簡は21通、そのうちの12通がパウロの手によるものなので、新約聖書の著者としても大きな役割を果たしている人物です。
 
 熱心なキリスト教伝道者、また聖書の教師として尊敬されるパウロですが、元々は熱心なキリスト教「反対者」。なぜなら彼は熱心なユダヤ教徒だったのです。
 パウロ(英語ではポール:Paul)、本来の呼び名は「サウル」といいます。これはイスラエル王国初代王の名前に由来し、ユダヤ人男性の名としてはかなり好まれる名前でもあります。生まれはタルソス(トルコの一都市)で、生まれつきローマの市民権を持つと言っているので、家柄も悪くはありません。(繰り返しになりますが、ユダヤはローマの植民地でした。市民権を得れば選挙権などが得られ、植民地税は免除されるなど有利な立場になります)高名な学者の下でユダヤ律法を学んだ専門家であり、最高議会の議員であった可能性もあります。そんなコテコテのユダヤ教徒ですから、台頭して来た新しい教えのキリスト教は大嫌い。イエスって奴を十字架につけたと言って我々ユダヤ人を責め立てるし。
 
 ユダヤ教徒たちはキリスト教が広まらないよう、迫害し命まで取ることもありました。最初のキリスト教殉教者ステファノが殺された時、パウロ(まだサウロ)はその場で服の番をしていたと記録されています。自らは手を下さなかったものの、キリスト教徒が殺害されることには賛成しており、皆の服を預かりながら高みの見物を決め込んでいたようです。
 その後、彼はなおもキリスト教徒を迫害しようと最も身分の高いユダヤ祭司長がいるダマスコ(現在のシリア、ダマスカス)まで許可をもらいに出向きます。OKされたら片っ端からキリスト教徒を捕らえて連行しようと意気揚々。ところが…
 
 ところが、サウロが旅をしてダマスコに近づいたとき、突然、天からの光が彼の周りを照らした。サウロは地に倒れ、「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」と呼びかける声を聞いた。
(使徒言行録934節)
 
 絵画にも描かれている「サウロの回心」の出来事です。なお、ここではサウロが「サウル」と呼びかけられていますが、これはユダヤ人の言語であるヘブライ語の方言「アラム語」です。かつて、この方言でいつも話をされていたのは、他ならぬこのお方でした。
 
「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。起きて町に入れ。そうすれば、あなたのなすべきことが知らされる。」(同956節)
 
 イエス・キリストご自身が天からサウロに語られたのです。しかし声はすれども姿は見えず、周りのお供達もうろたえるばかり。そしてようやく起き上がったサウロは、何と目が見えなくなっていました。人の手を借りてようやく目的地ダマスコへ到着したものの、最初の勢いはどこへやら、三日間飲み食いもせずに座っているだけでした。この辺りも聖書は詳しく語りませんが、自分の身に起こった出来事、語り掛けられたイエス・キリストの言葉などを思いめぐらしていたのではないでしょうか。

 さて、ダマスコにはアナニアというキリスト教徒がおりました。今度はこの人にイエスさまが語り掛けられます。なんと、サウロの所へ行って目が見えるようにしてやれとのこと、あなたが手を置けば見えるようになるから。イエスさまを信じるアナニアですが、こればっかりは御免被りたい、サウロとやらの悪事についてはここまで届いているんですから!と嫌がりますが、イエスさまは諭されます。
 
「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」(使徒言行録91516節)
 
 彼は今後、私を伝える者に変わるのだ。私が「選んだ器」なのだとまで言われてしまったら、もう嫌とは言えません。アナニアは命じられた通りサウロのもとへ赴きました。
 
 そこで、アナニアは出かけて行ってユダの家に入り、サウロの上に手を置いて言った。「兄弟サウル、あなたがここへ来る途中に現れてくださった主イエスは、あなたが元どおり目が見えるようになり、また、聖霊で満たされるようにと、わたしをお遣わしになったのです。」すると、たちまち目からうろこのようなものが落ち、サウロは元どおり見えるようになった。(同91718節)
 
 「目からウロコ」はここから生まれた言葉です。突然見えなくなった目は、アナニアに手を置かれた途端に再び光を取り戻しました。この劇的な体験は、彼をすっかり変えてしまったのです。
 
 そこで、身を起こして洗礼を受け、食事をして元気を取り戻した。サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちと一緒にいて、すぐあちこちの会堂で、「この人こそ神の子である」と、イエスのことを宣べ伝えた。(同91920節)
 
 変わりすぎやろー!とツッコミそうなほどの勢いで彼はキリスト教徒となってしまいました。180度の転換に、何か企んでいるのでは?と疑う人も当然いましたが、人望篤い仲介者にも恵まれ、キリスト教徒たちの仲間に無事加えられました。イエス・キリストに出会った者は生き方が変わる、変えられるということを見事に体現したのがこのサウロです。もちろん、彼一人の力だけではこんなに変われません。アナニアが言った通り、神の力、聖霊が彼に及んだのです。
 
 そして彼は、キリスト教伝道者として第二の人生を歩みだします。「パウロ」というのはサウロをギリシャ語風に発音したものです。この頃の公用語はギリシャ語です。広い世界に出て行き、多くの人に接するにあたり呼び方を変えたものと思われます。彼は主にシリアから小アジア(トルコ)、マケドニア(ギリシャ)と地中海周辺を旅しながら伝道活動を行いました。聖書には3回の伝道旅行をしたと記されています。後には行く先々で建て上げた教会に宛てて、アドバイスや聖書の教えの再確認など書いた手紙を送り、それらが聖書に残されています。
 
 やがて、ローマ皇帝によるキリスト教徒迫害も始まり、今度はパウロ自身が逮捕されてローマに送られます。獄中でも彼は手紙を書き続け、伝承によれば皇帝ネロの時代に斬首刑となったと言われます。波乱万丈の生涯でしたが、今もなお、聖書の中には彼の生き様と信仰が生き生きと記されているのです。

 主日礼拝のご案内

6月20日(日) 14:00〜15:00
説教「神の言葉の聞き方」川上寧牧師
ルカによる福音書8章4~15節

Covid-19の影響もあり現在お借りできる礼拝場所が確定していませんので、新しい礼拝場所が見つかるまでしばらく牧師宅から礼拝を配信しています。礼拝は当教会のFacebookサイトhttps://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting/liveより配信され配信後の礼拝説教映像は一週間限定で公開しています

礼拝開始は14時からですが配信は13時55分より始めます。接続状況を確認するために早めに接続してみてください。配信時に、上記のサイトにて画面を下にスクロールいただくと配信記事が現れます。Facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になることが出来ますがパソコンのご使用をお勧めいたします。スマートフォンではアプリケーションのダウンロードが必要になります。

また接続の際には、以下の点にご注意ください。

① 最初、画面下部に「ブリュッセル日本語プロテスタント教会のその他のコンテンツをFacebookでチェック / 〈ログイン〉または〈新しいアカウントを作成〉」という表示が出ますが、これは無視してください。

②しばらくすると、今度はスクリーン全体に①と同様の内容が表示されます。ここでは画面下部の「後で」をクリックしてください。すると表示が消えて、ページが見れるようになります。その後、再び同じ表示が現れることもありますが、その際は同様の手続きで再度表示を消してください。

③時間になってもライブ配信が見れない場合は、画面左上の「↻」をクリックして「ページの更新」を行ってください。そうすれば見れるようになる筈です。

どうぞご参加ください。

2021年6月15日火曜日

メールマガジン第17号

皆様こんにちは
主の御名を崇めます。

夏のバカンスシーズン到来ですね。
コロナ対策はしっかりとしつつ、夏を楽しみましょう。

◇◆◇賛美CD「おっさんび♡関西」◇◆◇
初めて見た時は衝撃!でした。おっさんの賛美でおっさんび、なるほどありそうでない、インパクトのあるタイトルです。男性6人組が関西弁で歌われる賛美…の合間に入るノリの良い関西トークに思わず吹き出しそうになりながら、しかし聴いている内に神様の恵みが心に染み込んできます。「我らの内なる嘆き・喜び・叫びを最もストレートに表現出来るのは、やはり我らのお国言葉だ…(HPより)」どんなに現地の言葉を習得しても、やはり神様の御言葉は母国語、日本語で聞きたいという海外在住日本人の思いと通じるものがありますね。何より、まっすぐに神様に向かって喜び賛美をささげておられる姿に力づけられ、ああ本当に「生きとるって素晴らしいなぁ」と神様に感謝の思いが湧き上がってきます。1曲だけ普通(失礼?!)に歌われている聖歌がまた素晴らしく、相乗効果を発揮しています。
こちらで、視聴、購入できます。(データダウンロードで購入も可能です)
https://www.ossanbi.com/

◇◆◇現在の礼拝スタイルについて◇◆◇
礼拝をライブ配信中です。リンク先は教会Facebookページ
https://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting/
です。画面を下にスクロールいただくと配信記事が現れます。Facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になることが出来ますがパソコンのご使用をお勧めいたします。スマートフォンではアプリケーションのダウンロードが必要になります。日曜日13時55分より配信を開始しております。上手く見えない場合、更新を何度か繰り返していただければ接続できるようになります。
なお、配信動画は一週間、翌週の礼拝配信前まで保存いたします。

◇◆◇7月の予定◇◆◇※変更の可能性があります…5分前からライブ配信を開始いたします。
~主日礼拝…毎週日曜日14時より~
7月4日 ネヘミヤ記8章1~12節
 ☆「主を喜び祝う」礼拝は神さまを喜び祝う時です。
7月11日 マタイによる福音書7章24~29節
 ☆家も信仰も、しっかり建っているためには土台が何より大切です。
  子どものお話も用意いたします。
7月18日 ルカによる福音書12章22~34節
 ☆日々の生活の中のあれこれ、少し脇においてみませんか。
7月25日 コリントの信徒への手紙二8章16節~24節
 ☆心を一つに出来る仲間がいるって素晴らしいですね。
ライブ配信リンク先
https://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting/

皆さまのご健康と安全をお祈りいたしております。

◇◆◇お問い合わせ◇◆◇
ブリュッセル日本語プロテスタント教会   brussels.nihongokyokai@gmail.com
牧師:川上寧   0479-6703-15 yasushi.kawakami@vianova.be
   川上真咲    0479-6707-44   masaki.kawakami@vianova.be
ホームページ http://brussels-nihongokyoukai.blogspot.be
Facebook  https://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting
※メールマガジンの配信停止をご希望の方はこのメールに返信する形でお知らせください。

2021年6月9日水曜日

 主日礼拝のご案内

6月13日(日) 14:00〜15:00
説教「あなたの善いサマリア人」川上寧牧師
ルカによる福音書10章25~37節

月一回の子ども向けの聖書のお話があります。
お話「よいサマリア人」川上真咲牧師
ルカによる福音書10章25~37節

Covid-19の影響もあり現在お借りできる礼拝場所が確定していませんので、新しい礼拝場所が見つかるまでしばらく牧師宅から礼拝を配信しています。礼拝は当教会のFacebookサイトhttps://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting/liveより配信され配信後の礼拝説教映像は一週間限定で公開しています

礼拝開始は14時からですが配信は13時55分より始めます。接続状況を確認するために早めに接続してみてください。配信時に、上記のサイトにて画面を下にスクロールいただくと配信記事が現れます。Facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になることが出来ますがパソコンのご使用をお勧めいたします。スマートフォンではアプリケーションのダウンロードが必要になります。

また接続の際には、以下の点にご注意ください。

① 最初、画面下部に「ブリュッセル日本語プロテスタント教会のその他のコンテンツをFacebookでチェック / 〈ログイン〉または〈新しいアカウントを作成〉」という表示が出ますが、これは無視してください。

②しばらくすると、今度はスクリーン全体に①と同様の内容が表示されます。ここでは画面下部の「後で」をクリックしてください。すると表示が消えて、ページが見れるようになります。その後、再び同じ表示が現れることもありますが、その際は同様の手続きで再度表示を消してください。

③時間になってもライブ配信が見れない場合は、画面左上の「↻」をクリックして「ページの更新」を行ってください。そうすれば見れるようになる筈です。

どうぞご参加ください。

2021年6月2日水曜日

 主日礼拝のご案内

6月6日(日) 14:00〜15:00
説教「今日を喜び祝う」川上真咲牧師
詩編118編

Covid-19の影響もあり現在お借りできる礼拝場所が確定していませんので、新しい礼拝場所が見つかるまでしばらく牧師宅から礼拝を配信しています。礼拝は当教会のFacebookサイトhttps://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting/liveより配信され配信後の礼拝説教映像は一週間限定で公開しています

礼拝開始は14時からですが配信は13時55分より始めます。接続状況を確認するために早めに接続してみてください。配信時に、上記のサイトにて画面を下にスクロールいただくと配信記事が現れます。Facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になることが出来ますがパソコンのご使用をお勧めいたします。スマートフォンではアプリケーションのダウンロードが必要になります。

また接続の際には、以下の点にご注意ください。

① 最初、画面下部に「ブリュッセル日本語プロテスタント教会のその他のコンテンツをFacebookでチェック / 〈ログイン〉または〈新しいアカウントを作成〉」という表示が出ますが、これは無視してください。

②しばらくすると、今度はスクリーン全体に①と同様の内容が表示されます。ここでは画面下部の「後で」をクリックしてください。すると表示が消えて、ページが見れるようになります。その後、再び同じ表示が現れることもありますが、その際は同様の手続きで再度表示を消してください。

③時間になってもライブ配信が見れない場合は、画面左上の「↻」をクリックして「ページの更新」を行ってください。そうすれば見れるようになる筈です。

どうぞご参加ください。

2021年5月31日月曜日

教会便り6月号

教会便り6月号を発行いたしました。

一年で最も昼の長い時ですね。
「Profitez du soleil!(お日様を恵みを受けて=楽しんで!)」
と言葉を交わす季節です。
太陽の光と、太陽を創られた神さまの恵みをたっぷりと受け取りましょう。

(画像をクリックすると大きくなります)

PDFファイルはこちらからどうぞ。



2021年5月27日木曜日

主日礼拝のご案内

5月30日(日) 14:00〜15:00

説教「キリストの霊によって生きる」川上寧牧師

ローマの信徒への手紙8章1~11節


Covid-19の影響もあり現在お借りできる礼拝場所が確定していませんので、新しい礼拝場所が見つかるまでしばらく牧師宅から礼拝を配信しています。礼拝は当教会のFacebookサイトhttps://www.facebook.com/belgiummissionarysupporting/liveより配信され配信後の礼拝説教映像は一週間限定で公開しています

礼拝開始は14時からですが配信は13時55分より始めます。接続状況を確認するために早めに接続してみてください。配信時に、上記のサイトにて画面を下にスクロールいただくと配信記事が現れます。Facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になることが出来ますがパソコンのご使用をお勧めいたします。スマートフォンではアプリケーションのダウンロードが必要になります。

また接続の際には、以下の点にご注意ください。

① 最初、画面下部に「ブリュッセル日本語プロテスタント教会のその他のコンテンツをFacebookでチェック / 〈ログイン〉または〈新しいアカウントを作成〉」という表示が出ますが、これは無視してください。

②しばらくすると、今度はスクリーン全体に①と同様の内容が表示されます。ここでは画面下部の「後で」をクリックしてください。すると表示が消えて、ページが見れるようになります。その後、再び同じ表示が現れることもありますが、その際は同様の手続きで再度表示を消してください。

③時間になってもライブ配信が見れない場合は、画面左上の「↻」をクリックして「ページの更新」を行ってください。そうすれば見れるようになる筈です。

どうぞご参加ください。